FNS歌謡祭で泣きました

今年になってからあまり泣いたことがありませんでしたが、FNS歌謡祭でアーティストの曲を聴いて泣きました。信長協奏曲の主題歌で、ミスターチルドレンの足音という曲を聴いて涙がこぼれました。ミスチルの曲って深いなぁと毎回思います。個人的に共感できる部分が多いです。

 

新しい靴を履いた日は、それだけで世界が違ってみえた!という部分、わかるって思いました。新しい靴を履いた日って学校のときは新学期とか入学式が多かったです。朝から新しい靴を履いて、しっかりと靴紐を結んで、今日からまた頑張ろうって気合が入っていました。それで、学校の校門をくぐった瞬間、いつもと違う自分がいることに気が付いたんです。私にとって新しい靴は、新しい出発だと思っています。だから、学校のときを思い出して泣けました。

 

今という時代は言うほど悪くはないという部分にも涙です。円安が進んで家計が圧迫されて、こんな時代最悪だって思う事もあるんだけど、そう思っている私を励ましてくれています。他にもたくさんあるけど、特にこの部分がいいです。

娘とおでかけ

娘の幼稚園で行事があり、午前中だけで終わってしまったので、その後幼稚園近くの駅ビルで娘とぶらぶらしました。うちには生後一か月の赤ちゃんがいるので、妊娠後期から現在まで、娘と二人で出かけることはありませんでした。すごく久しぶりの二人だけの外出です。何だか二人してテンションが上がってしまいました。

 

テンションが上がって向かった先は100円ショップ。娘が欲しがっていたレターセットやら折り紙の本やらを買い、ウキウキした私はお菓子まで買ってあげちゃいました。

 

その後はスーパーによって、お昼ご飯を買いました。いつもだったら、家に帰って前日の晩御飯の残りを食べている私にしてはかなりのぜいたくです、しかも二人分。気もなぜか大きくなっていて、いつもならキャラクターのパンなんてダメ、と言うのにいいよ、と言ってしまい、さらにジュースも買いました。それは最安値のものを買いましたけれど。

 

いつもはやらない散財をして家に帰ると、何だか自分の気分も随分スッキリリフレッシュされていました。

 

ブーチューブ

更新履歴